心の不調と体調とは|気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう
人形

気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう

心の不調と体調とは

ナース

ストレスがかかっている場合には、様々な肉体的な症状が表れます。薬で治療をしても再発するケースが高いのが、心理的要因による症状の特徴です。このような状態を完全に克服するためには、ストレスにも対処出来る診療科を受診する必要が出てきます。近頃増えている心療内科は、心の問題によって生じる内科的な病気を扱う診療科です。ですので、内科医が診療するケースが多く見られます。一般内科に勤務する内科医は、ストレスの治療は行わないのが基本です。ですので、心のコントロールは自分で行うことが求められてきます。一方、心療内科に勤務する内科医の場合は、ストレスの治療にも対応します。心の問題で多く利用される精神科は、ストレスの治療は行ないますが内科的な治療はしません。ですので、ストレスによる胃腸障害や頭痛、喘息などは別途内科で治療することが必要です。現在の心療内科は内科と精神科の両方を兼ねているため、ストレス性の肉体的な症状を抱える方にとっては、非常に便利な診療科です。

精神的なストレスによって生じやすいのが、例えば腸の症状です。腸は、ストレスを感じている脳と深い関わりがあります。従って、強いストレスがかかった場合には、ダイレクトに腸に異常が表れてくるケースが多いです。近年増えている過敏性腸症候群は、こういった腸と脳の関係がクローズアップされる病気の一つと言えます。過敏性腸症候群で生じるのが、下痢や腹痛などの症状です。このような症状があるときには、ストレスによって自律神経のコントロールがしにくくなっていると考えられます。昨今の心療内科では、この過敏性腸症候群も多く扱います。整腸剤などを処方すると同時に、ストレスを抑える薬も処方されるのが心療内科の特徴です。過度な緊張を和らげる精神安定剤や抗不安薬も、時に用いられます。生活や食生活の工夫、対人関係の見直しなどもアドバイスされるのは、心療内科ならではの試みです。ストレスが上手にコントロール出来るようになれば、薬の服用もやめることが出来ます。生活全般を楽に送れるように、サポートをするのが心療内科医です。

Copyright © 2016 気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう All Rights Reserved.