精神科と心療内科へ行こう|気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう
人形

気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう

精神科と心療内科へ行こう

レディ

精神科と心療内科の違い

現代人特有の悩みがストレスによる様々な症状で、普通の総合病院で治すことは難しい病気でもあるのです。そのような悩みを抱えた人は、普通の病院ではなく精神科クリニックや心療内科に通うことになります。最近では、精神科・心療内科がある大学病院も増えており、以前よりも重要が高まっているのがこの分野なのです。ストレスによる症状で受診するときに考えてしまうのが、どちらの科に行けばよいのかという点です。近年では、精神科と心療内科で大きな違いはなくなってきていて、どちらを受診しても同じような治療を受けることができます。しかし、それぞれが持っている治療の在り方や考え方には、大きな違いがあるのです。精神科は精神疾患を診るところで、簡単に言えば心の病を治すことを専門に行っているところなのです。扱っている主な症状は、うつ病や統合失調症から来る無気力・集中力の低下・幻覚・妄想などが多くなっています。一方、心療内科では心理的な要因で起こる身体的な疾患を治療するので、名前に内科という文字が付いているのです。このように、同じストレスが原因の疾患だったとしても、精神か身体かによって受診する科が変わってくることになります。

専門家による根本的な治療

近年の精神科や心療内科の増加数を考えれば、ストレスからくる症状に悩んでいる人が如何に多いのかを知ることができます。しかし、ストレスは目に見えないものなので、患者数は増えていても社会における認知度は、まだまだ低いのが現状です。だからこそ精神科や心療内科が大事であり、受診する人が増えているのです。ストレスからくる初期症状には、うつ病や統合失調症に見られる症状が多くみられます。酷くなると治療は難しくなりますが、初期段階であれば、精神科医の助けで簡単に治すことができるのです。心療内科が扱うのは一般の内科患者と同じような症状ですが、治療法の考え方が一般内科とは異なります。一般内科では身体的疾患を治療することだけを考えるので、その原因までは追究しません。しかし、心療内科では身体的疾患の治療と共に、その原因であるストレスを減らす治療も行ってくれるのです。このように精神科や心療内科では、ストレスからくる症状を専門家である医師が見ることで、根本的な治療が可能になっているのです。

Copyright © 2016 気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう All Rights Reserved.