明るい毎日を取り戻す|気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう
人形

気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう

明るい毎日を取り戻す

カウンセリング

いつもの自分を見失う

今、私たちが生活をしている環境は非常に慌ただしくあり、人間関係においても様々な問題を抱えていると言えます。 そんな状況の中で毎日過ごしていると、ストレスを感じ心身にいろんな症状を訴えるようになります。 ストレスは人の免疫力を低下させ、病気に対する抵抗力を奪います。 普段ならすぐに治る病気も、免疫力が下がることで回復を遅らせます。 また、ストレスがあると胃の調子を悪くし、食欲不振に陥ります。 本来人の体に必要な栄養が十分取れないと、毎日の活動に影響が出てきます。 他にも慢性疲労といった症状を訴え、無気力な状態になります。 ストレスは肉体だけでなく精神的にも本人を追いつめ、不眠や鬱状態を引き起こします。現代人に不眠やうつ病が増えていますが、主な原因がストレスと言われます。 毎日職場でストレスを感じているため、夜になってもそのことが頭からはなれず眠れないでいます。 不眠が続くと深刻な状態をつくり、うつ病を併発する場合が多いです。 不眠が2週間以上続くときには、医療機関を受診するのが望まれます。

生活環境を整える

現代人が抱えやすいストレスは、人の体によくない影響を与えるわけですが最も心配されている点に鬱の症状をつくることが挙げられます。 人は皆、毎日生活していく中で憂鬱になるときもありますが、そんな状態が長く続くとうつ病の疑いが出てきます。 うつ病といっても普通は自分に関係ないと思って、病気に対する知識がありません。 そこで、うつ病の症状をいくつかあげますと、まず不眠があり眠れない日々が続きます。日常生活では気力が低下し、自分の好きなことも楽しめなくなります。 どうしてよいかわからず、なにもできない自分を責めます。 さらにストレスが加わり、うつ病を深刻な事態に追い込みます。 最悪な症状が、自分はダメな人間だからこの世からいなくなった方がいいと、マイナスなことを考えるようになります。 今日本の社会では、うつ病に見舞われる人が非常に増えている状態ですが、その根本的な原因はストレスにあるため、人々が一番過ごしやすい環境をつくっていくことが私たちに与えられた課題と言えます。

Copyright © 2016 気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう All Rights Reserved.