心身の不調を改善|気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう
人形

気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう

心身の不調を改善

女医

適度と過度の違いを見る

心の不調を訴えるケースは一昔前に比べて増えていますが、見た目や数値ではかり知ることは難しく、ストレスとして抱え込んでしまうケースも少なからず挙げられています。精神科・心療内科では話を聞くことに重点をおいているのが特徴で、悩みや不安の理解者となり、心の不調を和らげてくれます。物理的なものよりも、職場や学校での人間関係などの心理的なストレスを訴えるケースが多いのも特徴で、適度から過度に陥ることによって心身に様々な症状を招きます。例えば、頭痛や胃痛などはストレスが原因となりやすい症状の1つで、自律神経のバランスが乱れることが挙げられています。その他にも、気分が沈む・イライラするなど、理由が見当たらない場合にもストレスが関わっているケースが挙げられています。身体の機能を働かせる交感神経と、心の機能を働かせる副交感神経のバランスが乱れるだけで、本人すら気付かない精神疾患に見舞われる場合もあります。精神科・心療内科ではうつ病などの精神疾患だけではなく、病名が付けられない、病気の一歩手前となる未病の段階からの上手な付き合い方を提案してくれるのも特徴です。

子供も精神的な病を持つ

感情や行動の変化によって、ストレス度をはかり知ることは可能で、表情が暗くなったり不満顔、周りとの接触を避けて1人になりたがる人は注意が必要です。初期段階ともよべる精神疾患の症状に当てはめることができ、特に子供の場合には大人が声をかけることが大切です。精神科や心療内科などの専門機関に相談することで、重症予防に繋がります。ストレスは成長ホルモンの分泌にまで影響を与えることもあり、子供の場合には身長が伸びないなどの成長期に影響をきたす場合があります。妨げとなるストレスを無くすことがカギとなりますが、ポイントは適度と過度の見分け方です。勉強や部活動などの目標がある内容とは別に、人間関係やいじめなどは過度のストレスに繋がります。成長ホルモンの分泌に影響するだけではなく、不眠症などの症状を引き起こすこともあり、成長の妨げに繋がります。精神科や心療内科などでは運動療法として遊びを提案するなど、子供の目線での治療を行ってくれます。適度な全身運動をすることで自律神経が整い、結果的に成長ホルモンの分泌が活発化するので一石二鳥です。

Copyright © 2016 気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう All Rights Reserved.