ストレスをため込んでいませんか?

気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう

精神疾患は身近な病です

手

うつ病をはじめ精神疾患の患者数が300万人を超えました。中でもストレスを原因とする疾患が大半です。ストレス社会ということを考えると、一人ひとりが精神疾患予備軍として自覚が必要と言えるでしょう。正しい知識を持ち、症状に応じて心療内科や精神科を受診する勇気を持ちましょう。

もっと読む

明るい毎日を取り戻す

カウンセリング

毎日の生活が快適に過ごせるためには、ストレスをつくらないのが重要ですが憂うつな症状が長く続く場合は医療機関の受診が必要です。 今の社会で問題にされているうつ病を防ぐためにも、病気の症状を理解しておくことが大事です。

もっと読む

精神科と心療内科へ行こう

レディ

うつ病や統合失調症などの心の病を治すところが精神科で、心理的な要因によって起こる身体的疾患を治療するのが心療内科です。他の科では心理的な要因を考慮することはないので、ストレスとその症状を根本的に治療してくれるのは、精神科と心療内科だけなのです。

もっと読む

心身の不調を改善

女医

心の病気は気付きにくいため、周囲の方々の目も重要と言えます。過度なストレスを放置してしまうことから大きな病を引き起こす場合もあり、頭痛や胃痛などの症状は市販薬で緩和させず、ストレスを無くすための対策や予防として、専門となる病院に相談することは得策です。

もっと読む

心の不調と体調とは

ナース

内科と精神科の領域を一挙に扱う心療内科は、ストレス性の症状に悩む方に人気です。複数の医療機関を訪ねる必要がなくなり、治療が一元化出来ます。最近の心療内科で多く扱うのが、増加中の過敏性腸症候群です。腸はストレスの影響を受けやすく、心療内科の治療が功を奏します。

もっと読む

子供のSOSに気付く為に

スーツの人

精神科を受診する子供達

近年、ストレス社会である現代を象徴するかのように、うつ病や統合失調症などの心の病気にかかる人が増えてきました。しかし、これは大人に限ったことではないのです。最近では、精神科や心療内科を受診する子供達も増えてきています。そしてこうした子供達の心の病気やSOSは、一番近い存在である親や家族が気づいてあげることが大切です。最近なぜかイライラしている、怒りっぽくなった。また逆に、元気がない、ダルそうにしているなどの変化や症状などを感じ取ってあげましょう。もちろん、日々のコミュニケーションがあってこそ、変化に気付くことが出来るのです。特に年齢が下がれば下がるほど、言葉にして表現するのは難しくなります。そういった場合、睡眠障害や食欲不振など体に変化が起こる場合もあることを知っておきましょう。言葉で吐き出せない分、ストレスが体に表れてしまうのです。全ての症状を、心の病気に繋げることはありませんが、子供の最近の様子と照らし合わせて一度立ち止まり疑うことも必要です。

精神科へ行くステップ

いざ、子供の様子がおかしいと思ってはいても、なかなか精神科や心療内科の門を叩くのは勇気がいることだと思います。また、子供に受診するよう伝える際に、こじれてしまい関係が悪くなってしまうことも考えられます。しかし、そのままにしていても、そのことばかり考えそれがまた親や家族のストレスになってしまい、悪い連鎖になりかねません。そんな時は、まず親や家族の方が精神科や心療内科へ行き、医師に相談してみましょう。子供の様子や症状、何にストレスを感じているのかも分かれば伝えましょう。思春期を迎えた子供は特に、その年齢特有のものなのか心の病気なのか、素人では判断できないことが多いです。自己判断せずに、きちんと今の状況や子供の症状を伝えた上で医師の指示を仰ぐことが大切です。結果的に心の病気でなければ、それはそれで安心できますし、もし心の病気なら早期発見できたと前向きに捉えましょう。一番大切なのは子供のSOSにいち早く気づき、その苦しさや辛さにどう寄り添ってあげられるかを考えることです。

Copyright © 2016 気が付きにくい心の叫び|ストレス症状は早めに感知しよう All Rights Reserved.